ヘモグロビンA1cを下げたい方におすすめの食品紹介サイト

ヘモグロビンA1cを下げたい方におすすめの食品紹介サイト
ヘモグロビンA1cが高めの方に見てほしいおすすめ食品と情報ガイド

糖尿病の指標となるヘモグロビンA1c

このサイトでは、ヘモグロビンA1cや糖尿病に関する情報をまとめています。血液検査でヘモグロビンA1cが高いと診断された方や、ご家族に気になる数値が出たという方にも、ぜひ参考にしていただきたいと思っています。

ヘモグロビンA1cとは

血液検査の結果などではHbA1cと表記されていることも多い「ヘモグロビンA1c」。そもそもどういうものかと言うと、赤血球のタンパクであるヘモグロビンとブドウ糖が結合したグリコヘモグロビンの一種です。

高血糖の状態が長い間続くことで、血管の内部にある余分なブドウ糖は体内のタンパクと結合します。その時に赤血球と結びついたものがグリコヘモグロビンで、数種類あるのですが糖尿病と密接に関わる物がヘモグロビンA1cなのです。

ヘモグロビンA1cが高いとどうなるのか

ヘモグロビンは赤血球の中に大量にあるタンパクで、カラダの隅々まで酸素を運ぶ役目をもっています。

赤血球はだいたい120日くらいの寿命なのですが、ぐるぐる体内を廻り続ける間に徐々にブドウ糖と結びついていきます。つまり、この値が高いとなれば、血管内の余分なブドウ糖が多いということになります。

正常値とされるのは4.3~5.8%で、日本糖尿病学会では6.1%以上であれば糖尿病型と判断していましたが、現在は国際基準であるNGSP値を採用しているので、6.5%以上を糖尿病型と判断するようになっています。

ヘモグロビンA1cを下げるには

ヘモグロビンA1cの数値が高いことに気づいたら、食事や運動など生活習慣から見直しましょう。ただ、それだけで改善をはかるのは難しいので、ヘモグロビンA1cを下げるといわれている成分を含んだ健康食品を積極的に摂取することもおすすめです。

そこで、ヘモグロビンA1cを下げる成分と、おすすめの健康食品をいくつかご紹介します。

田七人参(デンシチニンジン)/おすすめ商品:白井田七(シライデンシチ)

白井田七

詳しく見る

有効成分

【サポニン】
血糖値のコントロール、抗酸化作用、抗菌作用、血行促進など
【田七ケトン】
血流改善作用の増強、冠状動脈疾患、狭心、利尿作用

商品の特徴

原料の田七人参は、農薬や汚染された水の影響をうけない雲南省の高地に国際有機認証(IFOM)を取得している自社農園で、徹底管理のもと3~7年手をかけて栽培。有機・無農薬栽培をした田七人参を日本の工場(JAS認証)で加工・製造するなど、安全性にこだわっています。

1ヶ月あたりの価格

定期初回3,980円(税抜)

白井田七(シライデンシチ)愛飲者の口コミ

  • 「ヘモグロビン値の低下を期待して飲んでいましたが、知らないうちに血圧が安定していて驚きました。他に薬など飲んでいなかったので、白井田七以外には理由が考えられません。目的の症状以外にも効果があるというのはうれしいことですね」
  • 「仕事のストレスが重なり、持病の糖尿病が悪化していた時に白井田七に出会い飲み始めました。3日目にだるさがなくなり、飲み続けると落ち込んでいた気分もなくなりやる気がでてきました。数値も下がってきて、気持ちも体調も持ち直した感じです」
  • 「数年前の健康診断からヘモグロビンの値が高くなりはじめ、糖尿病やその合併症を家族にも心配されていました。知人から頂いた白井田七を飲むようになってからは、値が基準値で落ち着くようになり安心しています」

穀類/おすすめ商品:Dr.フェリンGTF

Dr.フェリンGTF

詳しく見る

有効成分

【クロム】
血糖値、血圧、コレステロール値を下げる、高血圧の予防
【ラクトフェリン】
免疫力の向上、抗酸化作用、抗菌作用

商品の特徴

クロム単体で摂取すると全体の約2~2.8%しか吸収されないという欠点を、ラクトフェリンと結合させることで解決。この方法は世界14か国で製法特許取得されています。

1ヶ月あたりの価格

10,857円(税抜)

Dr.フェリンGTF愛飲者の口コミ

  • 「この商品のコンセプトに共感を覚えて飲み始めました。最初は半信半疑だったのですが、それなりに理論の裏づけがあるので続けていたら、半年ほどで目に見える効果が出て、そのまま続けています」
  • 「より効果的に作用させるべく運動療法や食事制限なども試しています。サプリをきっかけに色々考えられたのが良かったです」 

菊芋(キクイモ)/おすすめ商品:菊芋の晶(エキス)EX

菊芋の晶

詳しく見る

有効成分

イヌリン】
血糖値の上昇を抑える

商品の特徴

農薬や除草剤を使わず、自然農法で管理栽培されたドイツ産の菊芋を多く配合。有効成分イヌリンの含有量も多く、それ以外にも不足しがちな亜鉛や、ミネラル・ビタミン・酵素なども一緒にとることができます。

1ヶ月あたりの価格

15,000円(税抜)

菊芋の晶(エキス)EX愛飲者の口コミ

  • 「菊芋が血糖値を下げるのに良いと知人にすすめられて飲み始めました。以来体調がいいので、このまま続けてみます」
  • 「ずっと飲み続けていますが、血糖値の上昇を防ぐ効き目を実感してます。持ち運びが便利で価格も手頃なので、続けやすいと思います」

怖いのは糖尿病だけじゃない!ヘモグロビンA1cが高めの方は早めの対処を

ヘモグロビンA1cが高いとまず糖尿病を疑いますが、その他にも腎不全や異常ヘモグロビン症などの病気も考えられます。

また、糖尿病は様々な合併症を起こす病気としても有名で、合併症が現れてはじめて糖尿病に気づく方もいらっしゃいます。

代表的な合併症としては、網膜症・神経障害・腎不全などがあります。

糖尿病性網膜症は、緑内障と並んで成人になってからの失明の原因とされている怖い病気。

糖尿病性神経障害も、四肢切断につながる危険性があります。糖尿病性腎症は、人工透析の原因第1位という、それぞれ非常に重篤な症状を招く病気です。

やみくもに怖がることもないですが、10人に1人という大変身近な病気であることを考えると、まずはきちんとどんな病気かを知っておく必要があります。

ここで紹介した原料は、人類の歴史の中で活用されてきた生薬です。現代にあっては、その効能が科学的に実証されています。

それらの原料を用いた健康食品が注目を集めており、特に白井田七などは、完全無農薬で有機栽培された田七人参が原料の、安心して毎日摂れるおすすめの商品です。

普段の食生活に気を付けることはもちろんですが、ストイックになりすぎても長続きしません。こういった健康食品を取り入れながら、無理なく健康管理を続けていくことが大切です。

※このサイトで紹介している情報は、全て2014年7月現在のデータを基にしています。成分や価格等につきましては、公式サイトで最新の情報をご確認ください。

菊芋の晶(エキス)EX

菊芋の晶(エキス)EX

血糖値を下げる効果があるとして注目を集める菊芋を多く配合。9割近くの人が血糖値が下がり、ヘモグロビンA1cも最大6%下がったという実験結果も!

詳しく見る

白井田七(シライデンシチ)

白井田七(シライデンシチ)

主原料である田七人参は、ヘモグロビンA1cの数値をコントロールするサポニンが高麗人参の7倍!安全性にも徹底的にこだわっており、満足度94%・リピート率の高い人気商品です。

詳しく見る

Dr.フェリンGTF

Dr.フェリンGTF

糖尿病の方が不足している三価クロムを配合。さらに吸収率をあげるためにラクトフェリンと結合!1カプセルあたりの含有量も多く、高い効果が期待できる商品です。

詳しく見る

ページの先頭へ