ヘモグロビンA1cを下げたい方におすすめの食品紹介サイト
ヘモグロビンA1cが高めの方に見てほしいおすすめ食品と情報ガイド

糖尿病の種類と引き起こされる三大合併症

ここでは、糖尿病の種類と、糖尿病によって引き起こされる合併症について説明しています。

糖尿病を引き起こす様々な原因

糖尿病とは、インスリンの作用不足によって血液中のブドウ量が正常な値を超えている状態ですが、そのインスリンの作用不足が起こる原因は様々。

糖尿病はそれらの原因によって大きく4つに分けることができ、引き起こされる症状によって適切な治療法もかわってきます。

  • 1型糖尿病
    インスリン依存型の糖尿病。自己免疫のメカニズムが正しく働かないために、膵臓内でインスリンを分泌する大事な役目をしているランゲルハンス島を攻撃して機能を壊してしまうことが原因です。
  • 2型糖尿病
    日本人の多くがこの2型糖尿病といわれています。食生活や運動不足などの生活習慣が大きく影響しているもので、一般的には非インスリン依存型の糖尿病です。
  • 妊娠糖尿病
    妊娠中はホルモンの関係などで血糖値が上昇しやすい状況にあり、インスリンで調整しているのですが、十分なインスリンを分泌できない体質で糖尿病の症状がでているものがこれに該当します。
  • その他、遺伝や他の疾患によるもの
    遺伝因子として、インスリン作用の伝達にかかわる遺伝子異常などがある場合や、内分泌疾患や肝疾患、感染症などが原因となっている糖尿病です。
 

本当にコワイのは糖尿病による三大合併症

糖尿病は、糖尿病そのものの症状というよりは、全身にくまなく現れる合併症のほうが、深刻な問題となることが多い病気と言えます。

実際に、糖尿病になっていても本人の自覚としてはあまりなく、腎臓の状態が悪くなったり、目の調子が悪くなったりして病院に行って、糖尿病と知らされるという人も少なくありません。

合併症の中でも、特に有名な三大合併症が以下になります。

  • 糖尿病性網膜症
    長い間高血糖が続くことで、網膜がダメージをうけ、最悪の場合は失明に至ることもあります。
  • 糖尿病性腎症
    糖尿病によって、腎機能の中でも中心的な働きをする糸球体が障害をおこし、大切な働きである血液の濾過が正常に行なわれなくなります。症状が進めば、尿毒症を起こしてしまい、人工透析をうけなければいけなくなってしまいます。
  • 糖尿病性神経障害
    最も典型的な症状は手足のしびれで、手先や足先などに違和感を感じることにはじまり、徐々に上のほうに広がって行きます。これも進行すると怖いもので、知覚障害で痛みを感じないために、小さなキズから細菌が入り込み感染がひろがって、ひどい場合は切断しなければならないケースもあります。

この他にもいろいろな症状があらわれてきますが、まずは合併症がどんなものがあるのかを知り、早く治療をすることが大切です。

菊芋の晶(エキス)EX

菊芋の晶(エキス)EX

血糖値を下げる効果があるとして注目を集める菊芋を多く配合。9割近くの人が血糖値が下がり、ヘモグロビンA1cも最大6%下がったという実験結果も!

詳しく見る

白井田七(シライデンシチ)

白井田七(シライデンシチ)

主原料である田七人参は、ヘモグロビンA1cの数値をコントロールするサポニンが高麗人参の7倍!安全性にも徹底的にこだわっており、満足度94%・リピート率の高い人気商品です。

詳しく見る

Dr.フェリンGTF

Dr.フェリンGTF

糖尿病の方が不足している三価クロムを配合。さらに吸収率をあげるためにラクトフェリンと結合!1カプセルあたりの含有量も多く、高い効果が期待できる商品です。

詳しく見る

ページの先頭へ