ヘモグロビンA1cを下げたい方におすすめの食品紹介サイト
ヘモグロビンA1cが高めの方に見てほしいおすすめ食品と情報ガイド

1型・2型・その他

ここでは、原因によって異なる糖尿病の種類ついて説明しています。

日本人の95%が2型糖尿病

糖尿病といってもいくつかの種類があり、それは原因によって分類がされています。

1型糖尿病

1型糖尿病は、自己免疫反応の異常やウィルス感染によって、膵臓の中のインスリン分泌の中心となるランゲルハンス島のβ細胞を自分で攻撃してしまうものです。

インスリンを分泌する機能を壊してしまうタイプと特発性の2つのタイプがありますが、いずれも自分でインスリンを出す力がなくなってしまいます。日本においては発症率は低く、若い人が突然発症することが多いのが特長です。

近年になり、遺伝子との関係が研究にとって認められており、1型糖尿病の発症メカニズムの解明もすすんできています。

緩徐進行1型糖尿病

糖尿病の発症後、しばらくは食事や運動によって血糖コントロールができ、徐々に進行して1型糖尿病になるタイプ。

劇症1型糖尿病

最初に糖尿病と確認・診断されてから、数日で急激に悪化するタイプで、「発症する方の90%が20歳以上」「70%に割合で直前に発熱など風邪の症状が出る」などの特徴があります。

2型糖尿病

日本人で一番多い糖尿病が2型といわれており、実に95%がこのタイプです。中年以降で発症することが多いといわれています。

両親が糖尿病であるといった遺伝的要素と、食事や生活習慣による環境的な要因によるものです。

血糖値が高い状態を長く続けることで更なる高血糖を呼ぶ「糖毒性」といわれる悪循環におちいり、ますます状況が悪化。気づかない間に病状が進行し、最終的に合併症が起こります。

発症後は基本的に食事療法や運動療法で治療をしますが、症状が進めばインスリン療法が必要になるケースがあります。

糖尿病でお悩みの方におすすめの食品はコチラ>>

それ以外の糖尿病

代表的な1型・2型以外では、下記のような糖尿病があります。

妊娠糖尿病

妊娠中は胎盤からインスリンを効きにくくするホルモンが分泌されるため、血糖値が高くなる傾向にあります。

正常な妊婦さんの場合は、インスリンが出にくくなる時期には、膵臓がインスリンを多く分泌することで、血糖値のコントロールをするようにカラダが働いてくれるのですが、インスリンを分泌しにくい妊婦さんは血糖値が上がってしまいます。このように妊娠中に血糖値が高くなったり、高い状態が初めて発見されたものを妊娠糖尿病といいます。

胎児への影響も出てきますし、妊娠糖尿病になった女性は将来的に糖尿病になる危険も高いので、早期に治療することが大切です。

小児糖尿病

子どもが発症するものは、小児糖尿病と呼びます。ただ、子どもの場合は1型糖尿病がほとんどで、10代になって少し2型糖尿病が増える程度と、大人とは病型が違っています。

しかし、最近は食事や生活習慣の変化のせいか、肥満児が増え、肥満の2型糖尿病も増えてきています。1型の症状の表れ方は急激ですが、2型の場合は大人と同様自覚症状がないと言われています。

その他、ガンやすい臓疾患など、他の病気が原因となって糖尿病を発症するケースもあります。

菊芋の晶(エキス)EX

菊芋の晶(エキス)EX

血糖値を下げる効果があるとして注目を集める菊芋を多く配合。9割近くの人が血糖値が下がり、ヘモグロビンA1cも最大6%下がったという実験結果も!

詳しく見る

白井田七(シライデンシチ)

白井田七(シライデンシチ)

主原料である田七人参は、ヘモグロビンA1cの数値をコントロールするサポニンが高麗人参の7倍!安全性にも徹底的にこだわっており、満足度94%・リピート率の高い人気商品です。

詳しく見る

Dr.フェリンGTF

Dr.フェリンGTF

糖尿病の方が不足している三価クロムを配合。さらに吸収率をあげるためにラクトフェリンと結合!1カプセルあたりの含有量も多く、高い効果が期待できる商品です。

詳しく見る

ページの先頭へ