ヘモグロビンA1cを下げたい方におすすめの食品紹介サイト
ヘモグロビンA1cが高めの方に見てほしいおすすめ食品と情報ガイド

神経障害

ここでは、糖尿病の合併症として引き起こされる糖尿病性神経障害について説明しています。

四肢切断原因の第1位である末梢神経が破壊される病気

人のカラダにはすみずみまで末梢神経が張り巡らされています。

血糖値が高くなると、知らないうちに末梢神経の細胞が壊れてしまうのです。この状態が、糖尿病性神経障害といわれる合併症です。

末梢神経は手や足を動かすことや、内臓の働きを調節するといった重要な働きをしているほか、触って熱い・痛い・冷たいなどと感じるのも末梢神経のおかげです。

神経障害になると、最初のうちはしびれなどを感じていますが、進行していいくにつれ、いずれは痛みも何も感じなくなってしまいます。

糖尿病性神経障害は、四肢切断原因の第1位となっており、特に多くみられるのは足の神経障害です。

初期症状からの早めの対処が重要

糖尿病性神経障害によって起こる症状には、以下のようなものがあります。

  • 寝ている時によく足がつる
  • 腕や足など、虫が這っているようにぞわぞわした感覚がある
  • 手足がしびれたり、痛みがある
  • 手の先や足の先が、やたらと冷たかったり、ほてったりする

このような症状は、末梢神経に異常がでてから比較的早期に現れてきます。

この時点で、変だと感じて治療をしないと

  • 足の小さなケガに気づかずに放置して、潰瘍となる
  • 低血糖に気づかずに突然意識を失う
  • 心臓に異常があるのに、気づかないために心筋梗塞などに至る

といった重篤な症状に進行してしまいます。

特に、ケガから潰瘍になった場合には、痛みに気づけないために化膿したところが壊疽し、切断にいたるケースもあります。

何より怖いのは、自分で気づかないうちに症状が進行してしまうこと。最初のちょっとした異変を感じられるうちに、適正な治療をうければこのような事態に陥ることはありません。

また、神経症になる前に日頃から血糖値のコントロールを意識して、健康食品を摂ったり食事の内容に注意することで、十分に避けられる病気なのです。

菊芋の晶(エキス)EX

菊芋の晶(エキス)EX

血糖値を下げる効果があるとして注目を集める菊芋を多く配合。9割近くの人が血糖値が下がり、ヘモグロビンA1cも最大6%下がったという実験結果も!

詳しく見る

白井田七(シライデンシチ)

白井田七(シライデンシチ)

主原料である田七人参は、ヘモグロビンA1cの数値をコントロールするサポニンが高麗人参の7倍!安全性にも徹底的にこだわっており、満足度94%・リピート率の高い人気商品です。

詳しく見る

Dr.フェリンGTF

Dr.フェリンGTF

糖尿病の方が不足している三価クロムを配合。さらに吸収率をあげるためにラクトフェリンと結合!1カプセルあたりの含有量も多く、高い効果が期待できる商品です。

詳しく見る

ページの先頭へ