ヘモグロビンA1cを下げたい方におすすめの食品紹介サイト
ヘモグロビンA1cが高めの方に見てほしいおすすめ食品と情報ガイド

腎不全

ここでは、糖尿病の合併症として引き起こされる糖尿病性腎症について説明しています。

人工透析患者の約45%が糖尿病性腎症

糖尿病性腎症は糖尿病の三大合併症のひとつ。進行すると腎不全を引き起こす病気で、人工透析の原因第1位を占めています。

糖尿病で血糖値の高い状態が長く続くと、全身の動脈硬化が進みます。

腎臓の糸球体は毛細血管の塊といえる器官ですから、血管が壊れたりつまったりして、ろ過する機能が低下することで起こってきます。

病状は段階的に進行

  • 【第1期】早期腎症期で、尿たんぱくの値は正常の範囲。血糖コントロールで対処可能。自覚症状はありません。
  • 【第2期】尿に微量にアルブミンが出る。ほぼ自覚症状はないですが、血糖コントロールは厳格に行う必要がでてきます。
  • 【第3期A】顕性腎症前期で、タンパクの尿が持続する状態。
  • 【第3期B】顕性腎症後期。タンパク尿が持続し、時にネフローゼ(血液の中タンパクが減少し、むくみのでる病気)の症状がある。
    第3期では、むくみ・息切れ・食欲不振や満腹感などの自覚症状があります。厳格な血糖コントロール、降圧治療、タンパク制限食、水分の制限が必要な時もあります。
  • 【第4期】腎不全期で、タンパクの尿がでて時にネフローゼを起こす。顔色の悪さ、筋肉がこわばったり、痛みがでてきます。手のしびれや発熱などの自覚症状があります。血糖コントロール、降圧治療、低たんぱく食、水分の制限などが必要です。
  • 【第5期】透析療法期。人工透析による治療が必要になります。

第3期以降になると、進行を遅らせることはできたとしても、良い状態まで戻すことはできません。

第5期の人工透析はずっと続けていかなければならないものであり、経済的にも肉体的にも、とても負担がかかります。

そのため、糖尿病性腎症になってしまったとしても、血糖値・血圧の安定をはかるとともに、自覚症状がない第2期までの間に尿検査などで状態を調べ、早期に対策をとることが大切です。
 

 

菊芋の晶(エキス)EX

菊芋の晶(エキス)EX

血糖値を下げる効果があるとして注目を集める菊芋を多く配合。9割近くの人が血糖値が下がり、ヘモグロビンA1cも最大6%下がったという実験結果も!

詳しく見る

白井田七(シライデンシチ)

白井田七(シライデンシチ)

主原料である田七人参は、ヘモグロビンA1cの数値をコントロールするサポニンが高麗人参の7倍!安全性にも徹底的にこだわっており、満足度94%・リピート率の高い人気商品です。

詳しく見る

Dr.フェリンGTF

Dr.フェリンGTF

糖尿病の方が不足している三価クロムを配合。さらに吸収率をあげるためにラクトフェリンと結合!1カプセルあたりの含有量も多く、高い効果が期待できる商品です。

詳しく見る

ページの先頭へ