ヘモグロビンA1cを下げたい方におすすめの食品紹介サイト
ヘモグロビンA1cが高めの方に見てほしいおすすめ食品と情報ガイド

網膜症

ここでは、糖尿病の合併症として引き起こされる糖尿病性網膜症について説明しています。

糖尿病患者の40%が発症

社会問題と言われるほど糖尿病患者が急増していることもあって、糖尿病網膜症は成人してから失明してしまう原因では緑内障につづいて多いものになっています。

網膜は、光を感じて視覚情報に変換する働きをするもので、いわばフィルムのようなもの。

非常に細かい血管が張り巡らされているので、高血糖となって血液中のブドウ糖が過剰になると、血管がつまって出血するようになります。

この状態が糖尿病網膜症であり、糖尿病患者の約40%が発症するといわれています。

初期段階では自覚症状が現れない

糖尿病網膜症がこわいのは、糖尿病を発症したのち10年くらいで発症するのですが、初期にはほとんど自覚症状がありません。

ある程度症状が進んで、飛蚊症があらわれて初めて気がつくケースも多いです。

この状態もそのまま放置すると、突然視力が低下する事態も起こります。網膜の中心にある黄班に病変が及ぶと、急激な視力低下が起こるのです。その他網膜剥離が起こる場合もあります。

いずれにしても、視力が低下し、最悪の時には失明に至るのです。

糖尿病を改善しないと進行はとまらない

治療法としては糖尿病を改善することです。原因がそこにあるので、網膜症だけの治療をしても同じことが起こります。ですので、日々の生活から血糖値をコントロールすることが大切になります。

網膜に関しては網膜光凝固術や硝子体手術などもありますが、元の状態に戻せるわけではないので、早い段階で気が付いて、血糖値を下げる努力をすることが重要です。

菊芋の晶(エキス)EX

菊芋の晶(エキス)EX

血糖値を下げる効果があるとして注目を集める菊芋を多く配合。9割近くの人が血糖値が下がり、ヘモグロビンA1cも最大6%下がったという実験結果も!

詳しく見る

白井田七(シライデンシチ)

白井田七(シライデンシチ)

主原料である田七人参は、ヘモグロビンA1cの数値をコントロールするサポニンが高麗人参の7倍!安全性にも徹底的にこだわっており、満足度94%・リピート率の高い人気商品です。

詳しく見る

Dr.フェリンGTF

Dr.フェリンGTF

糖尿病の方が不足している三価クロムを配合。さらに吸収率をあげるためにラクトフェリンと結合!1カプセルあたりの含有量も多く、高い効果が期待できる商品です。

詳しく見る

ページの先頭へ