ヘモグロビンA1cを下げたい方におすすめの食品紹介サイト
ヘモグロビンA1cが高めの方に見てほしいおすすめ食品と情報ガイド

田七人参(デンシチニンジン)

ここでは、ヘモグロビンA1cを下げる効果が期待できる食品・田七人参と、田七人参が原料のおすすめ健康食品について説明しています。

古代から薬として珍重されてきた田七人参(でんしちにんじん)

田七人参は古くからある植物で、紀元一世紀頃から伝わる中国の本格的な医学書「神農草経」には、五臓を補うものとして紹介されています。

その後も研究がすすみ、16世紀頃には消炎作用・止血・止痛の作用・血液循環障害を改善する作用があるとされて注目が集まり、需要が高まったそうです。

ただ、田七人参は中国雲南省の海抜1000~2000mの山地の傾斜地にしか育たないという希少な植物で、乱獲によって数が減ったことから、人の手による栽培が始まったとのこと。

それでも、生育できる条件や成長するまでに3~7年もかかるという育成条件の厳しさもあって、「金不換」、つまりお金にも変えがたい貴重なモノと呼ばれて大変珍重されてきました。

人参の仲間としては、やはり薬用に重用されてきた高麗人参がありますが、その成分を比べると田七人参はサポニン約7倍、ビタミンB1と鉄が約2倍。また、田七人参にしか含まれていない成分もあるなど、より優れた食品であることがわかります。

ヘモグロビンA1cを下げる効果が期待できる食品をもっと知りたい方はコチラ>>

田七人参に含まれる様々な成分

田七人参の主な成分は「サポニン」ですが、その他にも田七人参特有の成分である田七ケトンや、有機ゲルマニウム・フラボン配糖体・アセチレン化合物・デンシチン・植物ステロールなどの成分が含まれています。

さらに、食事だけでは摂取しにくいとされるビタミン類・カリウム・鉄分・亜鉛・マグネシウムの他、大切なミネラルなどの栄養性成分もバランス良く含まれています。

多くの器官を改善する効能があり、血液にも働きかけるため、全身にくまなく良い影響を与える原料であることが科学的にもわかってきています。

ヘモグロビンA1cを下げる有効成分1:サポニン

サポニンは抗酸化作用や血行促進の効能が広く知られていますが、ここで注目したいのがインスリンと同じように血糖値をコントロールする働きがあるということ。

そのため、糖尿病などインスリンの分泌力が弱くなっている方にとって、ぜひとも摂取したい成分であるといえます。

ヘモグロビンA1cを下げる有効成分2:田七ケトン

田七人参特有の田七ケトンは、近年がんを抑制するという研究結果が発表されました。また、心臓の負担を減らすことから、狭心症などにも優れた効能があることが立証されています。

さらに血液中の中性脂肪とコレステロールを減らす働きもあることがわかっていて、肥満体質の改善にも有効。利尿作用によって腎臓の負担を軽くすることから、糖尿病改善にも効果が期待できます。

原料の安全性にこだわった「白井田七(しらいでんしち)」

白井田七の画像田七人参を原料とする健康食品で当サイトががおすすめするのが「白井田七(しらいでんしち)」。

「白井田七」は、雲南省の高地に国際有機認証(IFOM)を取得している自社農園を持ち、有機・無農薬栽培をした田七人参を日本の工場(JAS認証)で加工・製造している商品です。

継続して飲むものだからこそ、原料の安全性は健康食品選びの重要なポイント満足度94%・リピート率の高さからも、高い効果を期待できるサプリであることがわかります。

商品名 白井田七(しらいでんしち)/錠剤
会社名 さくらの森
価格 6,480円(税抜)・定期初回3,980円(税抜)/250mg×120粒(約1ヶ月分)

菊芋の晶(エキス)EX

菊芋の晶(エキス)EX

血糖値を下げる効果があるとして注目を集める菊芋を多く配合。9割近くの人が血糖値が下がり、ヘモグロビンA1cも最大6%下がったという実験結果も!

詳しく見る

白井田七(シライデンシチ)

白井田七(シライデンシチ)

主原料である田七人参は、ヘモグロビンA1cの数値をコントロールするサポニンが高麗人参の7倍!安全性にも徹底的にこだわっており、満足度94%・リピート率の高い人気商品です。

詳しく見る

Dr.フェリンGTF

Dr.フェリンGTF

糖尿病の方が不足している三価クロムを配合。さらに吸収率をあげるためにラクトフェリンと結合!1カプセルあたりの含有量も多く、高い効果が期待できる商品です。

詳しく見る

ページの先頭へ