ヘモグロビンA1cを下げたい方におすすめの食品紹介サイト
ヘモグロビンA1cが高めの方に見てほしいおすすめ食品と情報ガイド

穀類

ここでは、ヘモグロビンA1cを下げる効果が期待できる食品・穀類と、穀類に含まれるクロムが原料のおすすめ健康食品について説明しています。

穀物に含まれるクロムの働き

玄米や小麦胚芽、そばなどには、人に必要な必須ミネラルの1つ、クロムが含まれています。

そのクロムは近年、インスリンの働きを助ける効果があることがわかりました。そのため、血糖値を安定させ、ダイエットや糖尿病の改善する効果に期待があつまっています。

クロムには種類がありますが、自然界に存在するクロムはほとんどが三価クロムで、栄養素として食事で摂りいれることが必要なものです。

体内に取り入れられたクロムは、体内で起こるあらゆる代謝に大きく関わっています。例えば、コレステロールの代謝、結合組織の代謝、たんぱく質代謝などです。

特に脂質代謝では、クロムが脂肪酸やコレステロールの合成を促すことで、脂質代謝を活発にするという働きがあります。その結果、コレステロール値を下げ、動脈硬化や高血圧の予防に役立ちます。

高い効果がありながら吸収率が低いという欠点も

三価クロムは穀類の他にも、ひじき・ナッツ・あなごなどに含まれます。ただ、現代人の食生活では、玄米などのように精製していない穀類を食べることが減ってしまい、洋食が多くなってひじきなども食べる機会が減っています。

また、クロムは体が必要とするミネラルであるのに、吸収率が10~25%と非常に吸収しにくく、せっかく吸収しても、大部分が尿の中に出て行ってしまうというものでもあります。

つまり、現代人はクロム不足に陥っているといえるのです。さらに、2型糖尿病の人に行った臨床実験では、尿の中のクロムの量が正常な人の半分だったという結果が出たそうです。

そこでクロムを摂取してもらったところ、約90%の人の血糖値が改善し、疲労感や夜尿といった糖尿病特有の症状が改善したという報告があります。

クロムをとることで、体内でビタミン、アミノ酸と結合してできるGTFという物質がつくられるようになって、血糖値が正常な値に改善したと考えられます。

クロムを食事からとるにはそれなりの量を摂らねばならないですが、糖尿病で食事制限をしているケースなどはそれも難しくなりますから、やはりサプリメントなどで補うのが効果的です。

また、そのままでは吸収しにくいクロムも、ラクトフェリンと一緒にとると吸収が良くなることがわかった為に、ラクトフェリンも入っているサプリであれば、より効率よく摂取することができます。

ラクトフェリン配合でクロムの吸収率を高めた「Dr.フェリンGTF」

Dr.フェリンGTFの画像当サイトでおすすめするクロムを配合したサプリメントは「Dr.フェリンGTF」です。

数あるクロムを含んだサプリメントの中でも、これは三価クロムの吸収率をあげるために最先端バイオテクノロジーによってラクトフェリンと結合させたもの。

この方法は世界14か国で製法特許取得されているもので、そこがDr.フェリンGTFが他のクロムサプリとは違うところです。

1カプセルあたりの含有量も多く、高い効果が期待できます。

商品名 Dr.フェリンGTF/錠剤
会社名 株式会社トラス健康総研
価格 10,857円(税抜)/1ヶ月分

 

菊芋の晶(エキス)EX

菊芋の晶(エキス)EX

血糖値を下げる効果があるとして注目を集める菊芋を多く配合。9割近くの人が血糖値が下がり、ヘモグロビンA1cも最大6%下がったという実験結果も!

詳しく見る

白井田七(シライデンシチ)

白井田七(シライデンシチ)

主原料である田七人参は、ヘモグロビンA1cの数値をコントロールするサポニンが高麗人参の7倍!安全性にも徹底的にこだわっており、満足度94%・リピート率の高い人気商品です。

詳しく見る

Dr.フェリンGTF

Dr.フェリンGTF

糖尿病の方が不足している三価クロムを配合。さらに吸収率をあげるためにラクトフェリンと結合!1カプセルあたりの含有量も多く、高い効果が期待できる商品です。

詳しく見る

ページの先頭へ