ヘモグロビンA1cを下げたい方におすすめの食品紹介サイト
ヘモグロビンA1cが高めの方に見てほしいおすすめ食品と情報ガイド

高麗人参

ここでは、ヘモグロビンA1cを下げる効果が期待できる食品・高麗人参と、高麗人参が原料のおすすめ健康食品について説明しています。

万能薬と言われる高麗人参

高麗人参は古くから薬用に使われてきた植物です。効能が多岐にわたることも広く知られていて、高麗人参の他に、オタネニンジン、朝鮮人参など呼び方もいろいろあります。

日本に入ってきたのは奈良時代といわれています。採集の難しさや栽培の難しさから、高級・希少なものというイメージがあります。

日本でも江戸時代には栽培が始まっていたようですが、やはり高価なものでした。生育するには4年から6年かかり、6年たったものは「6年根」と言われ、より珍重されています。

主な成分は「サポニン」です。サポニンはいろいろな植物に含まれる成分ですが、高麗人参には、多くの種類のサポニンが含まれています。

また、他の植物のサポニンとは根本的に違う構造になっていると言われ、特有のものなので高麗人参のサポニンは特別に「ジンセノイド」と呼ばれています。

その他、マグネシウム、ミネラルなども豊富に含み、ビタミン、ナトリウム、カリウムなどの天然成分も普通の野菜の10~20倍も含まれています。

糖尿病への効果・効能

高麗人参特有のサポニンであるジンセノイドは約30種類あるのですが、中には血管を拡張して血液の流れを良くしたり、血圧を抑えたりする働きがあります。

さらに脂質にも働きかけ、代謝を促進させます。ダイエットに効果があるといわれるのは、この効能のためでしょう。糖尿病は生活習慣病でもありますから、代謝が良くなり、体重が落ちるというのは良い影響を与えることになります。

もっと直接的な働きかけは、インスリンの生成を促す効果です。糖尿病の人はインスリンの働きが悪くなっている訳ですから、そこに働きかけて正常に分泌できるように助けます。

もちろん、即効性がある訳ではないのですが、服用を続けることでインスリン分泌が徐々に改善していくものと思われます。

人参サポニンが豊富な「一和高麗紅参」

高麗紅参の画像あまりに有名な高麗人参ですが、それだけにどんなものを選んだら良いのか悩んでしまうところ。ここでおすすめなのは「一和の高麗紅参」です。

高麗人参には白参と紅参があるのですが、一和の高麗紅参はサポニンをより多く含む紅参を豊富に含んでいます。

一和の高麗紅参は、人参そのものも厳選したものであるのに加え、独自の低温、低圧抽出で、 紅参の成分を破壊せず、その成分を抽出しています。

そのため、韓国国内の数々の賞を受賞していて、大統領賞にも輝いています。形状は抽出液をぎゅっと濃縮した、濃縮エキスになっているので、いろいろなもので割って飲むことができます。

商品名 一和高麗紅参/粘液タイプ
会社名 株式会社一和
価格 13,426円(税抜)/100g(1日5g・約20日分)

菊芋の晶(エキス)EX

菊芋の晶(エキス)EX

血糖値を下げる効果があるとして注目を集める菊芋を多く配合。9割近くの人が血糖値が下がり、ヘモグロビンA1cも最大6%下がったという実験結果も!

詳しく見る

白井田七(シライデンシチ)

白井田七(シライデンシチ)

主原料である田七人参は、ヘモグロビンA1cの数値をコントロールするサポニンが高麗人参の7倍!安全性にも徹底的にこだわっており、満足度94%・リピート率の高い人気商品です。

詳しく見る

Dr.フェリンGTF

Dr.フェリンGTF

糖尿病の方が不足している三価クロムを配合。さらに吸収率をあげるためにラクトフェリンと結合!1カプセルあたりの含有量も多く、高い効果が期待できる商品です。

詳しく見る

ページの先頭へ