ヘモグロビンA1cを下げたい方におすすめの食品紹介サイト
ヘモグロビンA1cが高めの方に見てほしいおすすめ食品と情報ガイド

桑の葉

ここでは、ヘモグロビンA1cを下げる効果が期待できる食品・桑の葉と、桑の葉が原料のおすすめ健康食品について説明しています。

ラットの実験でも糖尿病を抑制した桑の葉

自然に糖尿病を発症するというラットを、普通のエサ、桑の葉を2.5%混ぜたエサ、桑の葉を5%混ぜたエサを与えるようにして分けて46週間育てる実験をしたところ、2.5%のエサで育てたラットは、普通のエサのラットと比べて、空腹時の血糖値が約半分、5%のエサで育てたラットに至っては約3分の1の値という結果でした。

つまり、糖尿病になる脂質の動物も、発症前から桑の葉を摂ることで発症を抑えられるということです。

桑の葉の何がそのような効果を発揮するかと言うと、炭水化物をとったりした後、糖分は消化管で消化され、最終的にαグルコシダーゼと呼ばれる酵素によってブドウ糖に分解されます。それが血中に吸収されて血糖値があがります。

このαグルコシダーゼの働きを抑制するものにαGIというものがあるのですが、桑の葉はこのαGI作用が高いとされています。

桑の葉のもっている成分が、ブドウ糖と非常に似た形をしているために、αグルコシダーゼが間違えて結合してしまうせいで。結果として糖の吸収を穏やかにします。

ヘモグロビンA1cは血糖値が急上昇することと関係しているので、吸収がゆっくりで穏やかに血糖値があがるようにしていると良いのです。

現代人に不足しがちな成分も豊富

桑の葉には、その他に高血圧の抑制や血中脂質の抑制などの効果もあります。ミネラル、食物繊維も豊富なので、便通の改善にも役立ちます。

すこし意外ですが、桑の葉のカルシウム含有量は、牛乳の22倍、鉄は小松菜の8倍と豊富に含んでいます。亜鉛もホタテ貝レベルと豊富です。

こういった栄養素、特に亜鉛などは、現代人に不足していると言われるものなので、毎日お茶などで摂ることができるのはうれしいですね。

桑の葉製品はたくさんのものが売られていますが、収穫してから乾燥するまでに時間がかかると、有効な成分が減少していきます。

購入する際には、製品の管理状況がわかるところを選ぶと良いと思います。

桑の葉が原料のおすすめサプリメント「DNJタブレット」

DNJタブレットの画像当サイトがおすすめするサプリは「DNJタブレット」。

桑の葉は収穫から加工までに時間がかかると、大切な有効成分も少なくなってしまことから、原料である桑葉を収穫したところから近くの工場で、時間をかけずにあら茶の状態に加工。その後、関東の工場でタブレットへと加工するというこだわりです。

また、乾燥させる製法も日本茶をつくるのと同じ製法で、栄養だけでなくおいしく飲めるようにとの工夫もあります。おいしく手軽に桑の葉をとれる、おすすめの健康食品です。

商品名 DNJタブレット/錠剤
会社名 トヨタマ健康食品株式会社
価格 3,900円(税抜)/180粒

 

菊芋の晶(エキス)EX

菊芋の晶(エキス)EX

血糖値を下げる効果があるとして注目を集める菊芋を多く配合。9割近くの人が血糖値が下がり、ヘモグロビンA1cも最大6%下がったという実験結果も!

詳しく見る

白井田七(シライデンシチ)

白井田七(シライデンシチ)

主原料である田七人参は、ヘモグロビンA1cの数値をコントロールするサポニンが高麗人参の7倍!安全性にも徹底的にこだわっており、満足度94%・リピート率の高い人気商品です。

詳しく見る

Dr.フェリンGTF

Dr.フェリンGTF

糖尿病の方が不足している三価クロムを配合。さらに吸収率をあげるためにラクトフェリンと結合!1カプセルあたりの含有量も多く、高い効果が期待できる商品です。

詳しく見る

ページの先頭へ