ヘモグロビンA1cを下げたい方におすすめの食品紹介サイト
ヘモグロビンA1cが高めの方に見てほしいおすすめ食品と情報ガイド

糖尿病の診断基準・ヘモグロビンA1cとは

ここでは、糖尿病の診断基準となるヘモグロビンA1cの解説と、ヘモグロビンとの違いについて説明しています。

糖尿病かどうかの判断基準

ヘモグロビンA1cとは何かというと、糖尿病かどうかを判断するための基準となる数値です。血液検査の項目にあり、血糖値とともに、高い数値であれば糖尿病を疑うことになります。

ヘモグロビンとは、血液の赤血球中にある色素タンパク質の一種で、呼吸によって取り入れた酸素をカラダの隅々まで運ぶ役目をしていて、カラダにとって欠かせない重要なもの。

そのヘモグロビンがブドウ糖と結合したものを、グリコヘモグロビン(糖化ヘモグロビン)といい、いくつかあるうちの1つがヘモグロビンA1cです。

血管内のブドウ糖と結びつくというものですから、血液中に余分なブドウ糖がたくさんあればあるだけ増えて、数値が高くなるということです。

なぜ、この数値が糖尿病の判断基準になるかというと、赤血球の寿命はだいたい120日くらいで、カラダ中を巡り続けたのちに、分解されていきます。

できたばかりの赤血球は、ブドウ糖と結合しにくいなどの理由から寿命の半分である1~2ヶ月の平均血糖値をあらわしているとされます。

では、空腹時の血糖値と食後の血糖値の平均なのかというと、ヘモグロビンA1cは空腹時の血糖値からはあまり大きな影響をうけていないそうで、強く関係しているのは食後の血糖値ということがわかってきています。

その為、急激に血糖値をあげない食品(低GI値)を選ぶことの大切さなどが話題になっている訳ですね。

ヘモグロビンとの違い

ヘモグロビンA1cが糖尿病かどうかを判断する基準になるものとしたら、ヘモグロビンは、貧血かどうかの基準になるものです。

赤血球の主成分であるヘモグロビンは、鉄を含んだヘムという物質がタンパク質と結合したもの。よく貧血の人は鉄分を摂りなさいなどと言われますが、鉄が足りなくなるとヘムが作れなくなり、その結果ヘモグロビンも作れなくなって貧血になってしまうからです。

ヘモグロビンの数値は、そういった理由で、貧血かどうかをみる基準となっているのです。

菊芋の晶(エキス)EX

菊芋の晶(エキス)EX

血糖値を下げる効果があるとして注目を集める菊芋を多く配合。9割近くの人が血糖値が下がり、ヘモグロビンA1cも最大6%下がったという実験結果も!

詳しく見る

白井田七(シライデンシチ)

白井田七(シライデンシチ)

主原料である田七人参は、ヘモグロビンA1cの数値をコントロールするサポニンが高麗人参の7倍!安全性にも徹底的にこだわっており、満足度94%・リピート率の高い人気商品です。

詳しく見る

Dr.フェリンGTF

Dr.フェリンGTF

糖尿病の方が不足している三価クロムを配合。さらに吸収率をあげるためにラクトフェリンと結合!1カプセルあたりの含有量も多く、高い効果が期待できる商品です。

詳しく見る

ページの先頭へ