ヘモグロビンA1cを下げたい方におすすめの食品紹介サイト
ヘモグロビンA1cが高めの方に見てほしいおすすめ食品と情報ガイド

ヘモグロビンを下げる3つの方法

ここでは、ヘモグロビンA1cを下げる効果が期待できる運動法や食事法、自宅でヘモグロビンA1cを測定する方法などについて説明しています。

ヘモグロビンA1cを下げる非常に効果的な3つの方法とは?

ヘモグロビンA1cを下げるには、まず、普段の血糖値を低くしていくことがとても重要です。血糖値を低くすることが、ヘモグロビンA1cを下げる1番の近道となるのです。そのためには、下記3点が最も効果的な方法と言われています。

1. ヘモグロビンA1cを下げる正しい運動

運動をすることで、血液中の糖(ブドウ糖)を消費することが出来ます。運動であれば、基本的にどんなものでも構いません。特におススメは、ウォーキングやジョギング・エアロビクスといった有酸素運動を継続して行うことです。

また、有酸素運動以外に、筋トレも効果的です。筋肉量を多くすることでエネルギー消費量が増えるため、血糖値が下がりやすくなり、結果的にヘモグロビンA1cも下がりやすくなるのです。運動は、食前や食間よりも、食後に行うようにしてください。食後に行うことで、糖の消費をより促すことができるでしょう。

運動時間と頻度についてですが、有酸素運動の場合は、1日1~2回・合計20分~60分が最適でしょう。最初から、この頻度にする必要はありません。徐々に体を慣らしていき、最終的に今言ったようになれば、ベストです。感覚としては、軽く汗をかく程度と思ってください。

2. ヘモグロビンA1cを下げる正しい食事制限

ヘモグロビンA1cを下げるには、糖分を抑えた食事が有効です。糖分を抑えた食事とは、アルコールやお菓子・炭水化物などを控えることです。この方法のメリットは、即効性があること。食事制限スタート後、すぐにヘモグロビンA1cの数値に変化が表れるでしょう。

巷でよく言われるカロリー制限は、間違い!血糖値を下げるためには、単にカロリーを抑えるのではなく、ご飯や麺類など炭水化物の摂取を抑えることが大事なのです。正しい食事制限をして、効率よくヘモグロビンA1cを下げていきましょう。

3. ヘモグロビンA1cを下げる健康食品

運動や食事制限など生活習慣の改善だけでは、不十分な場合があります。そんな時は、ヘモグロビンA1cを下げる食品を取り入れましょう。食品には、田七人参(デンシチニンジン)や高麗人参などの薬草、玄米などの穀類、クロマグロやマアジなどの青魚、菊芋(キクイモ)・桑の葉がありますが、これらを普段の食事で摂り入れることは難しいため、サプリメントでの摂取がおススメです。

サプリメントは、カロリーをできるだけ含まず、必要な栄養素だけを補給できるように作られていますので、食品より効率よく効果が期待できます。また、食品は継続して食べることが重要ですが、青魚を毎日食べるわけにもいきません。その点、サプリメントは基本味がないため飽きることなく、長期間継続して摂ることができ、お年寄りや好き嫌いがある方でも無理なくヘモグロビンA1cを下げる食品を摂取し続けることができるでしょう。

ヘモグロビンA1cの数値は、短期間で下げることが出来るのか?

基本的に、ヘモグロビンA1cの数値を短期間で下げることは出来ません(やむをえず手術などで下げる場合を除く)。急激に数値を下げると血管に衝撃を与えてしまい、出血などの弊害を起こしかねないからです。ヘモグロビンA1cを正常値に下げる平均期間は、約1年間です。(正常値6.2%未満)

【ヘモグロビンA1cを正常値に下げたAさんの事例】

1年前:ヘモグロビンA1cの数値10.2%

6ヵ月前:ヘモグロビンA1cの数値8.2%

現在:ヘモグロビンA1cの数値6.2%

数値の下がり方の目安としては、約6ヵ月間で2%ずつ下がると思ってください。急がず焦らず、確実に健康に近づいていきましょう。

ヘモグロビンA1cは自宅でも測ることが出来る!

ヘモグロビンA1cの数値は、定期的に病院に行き測定することが一番です。簡単に自宅で測れるものではありません。ですが、日々の食事制限や運動が、どのくらい数値に影響しているかを知り、励みにしたい方もいるでしょう。

そんな方には、自宅でヘモグロビンA1c値を測れる検査器がおススメです(通信販売で購入できます)。5分で測定でき、少量の採血でOK。値段は5980円。日本語の説明書も付いているため取り扱いに困ることはないでしょう。モチベーション維持のために、このような検査器をうまく使ってみることも良いでしょう。

ヘモグロビンA1cを下げたい方必読!オススメ健康食品リスト>>

菊芋の晶(エキス)EX

菊芋の晶(エキス)EX

血糖値を下げる効果があるとして注目を集める菊芋を多く配合。9割近くの人が血糖値が下がり、ヘモグロビンA1cも最大6%下がったという実験結果も!

詳しく見る

白井田七(シライデンシチ)

白井田七(シライデンシチ)

主原料である田七人参は、ヘモグロビンA1cの数値をコントロールするサポニンが高麗人参の7倍!安全性にも徹底的にこだわっており、満足度94%・リピート率の高い人気商品です。

詳しく見る

Dr.フェリンGTF

Dr.フェリンGTF

糖尿病の方が不足している三価クロムを配合。さらに吸収率をあげるためにラクトフェリンと結合!1カプセルあたりの含有量も多く、高い効果が期待できる商品です。

詳しく見る

ページの先頭へ