ヘモグロビンA1cを下げたい方におすすめの食品紹介サイト
ヘモグロビンA1cが高めの方に見てほしいおすすめ食品と情報ガイド

血糖値との関係

ここでは、ヘモグロビンA1c(グリコヘモグロビン)と血糖値の関係について説明しています。

糖尿病治療でより重要なのはヘモグロビンA1c

血液検査の結果で、糖尿病に関係するものとしてあげられるのが、血糖値とヘモグロビンA1cです。

血糖値は血液中の糖の量というイメージがすぐわきますが、ヘモグロビンA1cとはピンとこない方も多いかもしれません。

ヘモグロビンA1cは、血液中の赤血球に含まれるたんぱく質(ヘモグロビン)と血液中のブドウ糖と結合したものです。

赤血球の寿命はだいたい4ヶ月と言われていて、その間、カラダの中を巡っているわけですが、血液中にブドウ糖が余っている状態が続くと、次々にヘモグロビンとくっついてしまいます。

つまり、ヘモグロビンA1cの数値が高いということは、4ヶ月の間にくっついたブドウ糖の量が多いということです。

できたての赤血球はあまり結合しないということがあるそうで、実際のところは過去1~2ヶ月の血糖値の状態をあらわすものになります。

そのため、食事や運動の直後に検査をしても、数値に影響がでないのです。

一方、血糖値は採決をした時の血糖値の状態なので、空腹の状態だったのか、食事の後だったのかで数値は大きく変わってしまいます。またストレスで変化することもあるので、その時の心理状態などが影響する場合もなくはありません。

ですので、血糖値は低いのにヘモグロビンA1cは高い数値ということもあれば、ヘモグロビンA1cは低いのに血糖値は高いということもあります。

血糖値をあらわすものなのに、片方が高ければ連動して高い、またその逆とは限らないのです。

糖尿病は、日頃の血糖値の状態、そして急激に上がったり下がったりするなど安定しない状態が影響すると言われますから、日頃の状態を推測する意味でもヘモグロビンA1cは非常に重要なものになります。

ヘモグロビンA1cや血糖値を下げたい方におすすめの食品はコチラ>>

菊芋の晶(エキス)EX

菊芋の晶(エキス)EX

血糖値を下げる効果があるとして注目を集める菊芋を多く配合。9割近くの人が血糖値が下がり、ヘモグロビンA1cも最大6%下がったという実験結果も!

詳しく見る

白井田七(シライデンシチ)

白井田七(シライデンシチ)

主原料である田七人参は、ヘモグロビンA1cの数値をコントロールするサポニンが高麗人参の7倍!安全性にも徹底的にこだわっており、満足度94%・リピート率の高い人気商品です。

詳しく見る

Dr.フェリンGTF

Dr.フェリンGTF

糖尿病の方が不足している三価クロムを配合。さらに吸収率をあげるためにラクトフェリンと結合!1カプセルあたりの含有量も多く、高い効果が期待できる商品です。

詳しく見る

ページの先頭へ