ヘモグロビンA1cを下げたい方におすすめの食品紹介サイト
ヘモグロビンA1cが高めの方に見てほしいおすすめ食品と情報ガイド

すぐにできる糖尿病対策

ここでは、糖尿病が気になる方に試してほしいすぐにできる糖尿病対策について説明しています。

糖尿病となってしまう一番の原因は、やはり血糖値の高い状態が続いてしまうような生活スタイル。つまり、血糖値が高くなってしまうような食事に、運動不足が習慣的に続けていることが、糖尿病へと突き進んでしまう道ということです。

ですから、まずこの生活のスタイルを変えていくことで、原因となるものを取り除いていくことが大事です。

中でも一番効果的なものは、食事を改善すること。近頃、ダイエット法としても話題になっていますが、糖質オフの食事です。もちろん、日々続けることが大事ですから、厳しい規制をつけるのではなく炭水化物の取りすぎに注意するということが重要。
そして、適度な運動も大切です。激しい運動ではなく、有酸素運動が効果的だと言われています。

その他では、過度のストレスというのもヘモグロビンA1cの上昇、そして糖尿病の発症の原因になると言われています。

ストレスがあると、食べ過ぎにつながったり、飲酒や喫煙などにもつながってしまうこともありますが、特に喫煙は血液の流れを悪くするなど、良い習慣ではないといえるでしょう。

ストレスを上手に発散するような取り組みが、生活習慣全体の改善になり、結果としてヘモグロビンA1cを上昇させないことになるのです。

また、投薬によるヘモグロビンA1c値の低下を必要とする人もいるでしょう。投薬に使われる薬として有名なのが、α-グルコシダーゼ阻害薬やインスリン抵抗性改善薬などです。

医師の指示によって、治療薬を使い続けなければいけない時期もありますが、数値が正常値に近づいてきたならば、早めに薬を切り上げたいという旨を医師に相談してみることも一つ考えられるでしょう。というのも、薬は効き目が強いものが多い反面、副作用も強く、体に思わぬ負担をかけてしまうことがあるからです。

さらに、血糖値を下げる方法として、近年一般的になりつつあるのがサプリメントです。サプリメントは医薬品ではないので即効性はありませんが、含有される成分自体には、科学的・医学的にも血糖コントロール作用が確認されたものを含んでいます。

サプリメントには、薬と違って副作用がほとんどありません。いつでも手軽に安心して飲むことができることが特徴。糖質制限や運動など血糖コントロール対策を継続的に行なっていくなら、併せてサプリメントを利用してみるのも良いでしょう。

ここでは、それぞれの対策について、注意点などを詳しく解説します。また、投薬によるヘモグロビンA1C値の低下を必要とする人もいるでしょう。投薬に使われる薬として有名なのが、α-グルコシダーゼ阻害薬やインスリン抵抗性改善薬などです。

菊芋の晶(エキス)EX

菊芋の晶(エキス)EX

血糖値を下げる効果があるとして注目を集める菊芋を多く配合。9割近くの人が血糖値が下がり、ヘモグロビンA1cも最大6%下がったという実験結果も!

詳しく見る

白井田七(シライデンシチ)

白井田七(シライデンシチ)

主原料である田七人参は、ヘモグロビンA1cの数値をコントロールするサポニンが高麗人参の7倍!安全性にも徹底的にこだわっており、満足度94%・リピート率の高い人気商品です。

詳しく見る

Dr.フェリンGTF

Dr.フェリンGTF

糖尿病の方が不足している三価クロムを配合。さらに吸収率をあげるためにラクトフェリンと結合!1カプセルあたりの含有量も多く、高い効果が期待できる商品です。

詳しく見る

ページの先頭へ