ヘモグロビンA1cを下げたい方におすすめの食品紹介サイト
ヘモグロビンA1cが高めの方に見てほしいおすすめ食品と情報ガイド

運動による改善

ここでは、運動による糖尿病対策について説明しています。

血糖値を下げるには有酸素運動が効果的

糖尿病はいわゆる生活習慣病といわれるもので、運動不足も原因のひとつとされます。つまり、運動をすることが血糖値を下げ、糖尿病の予防になるということです。

ただ、やみくもに運動をすれば良いという訳ではありません。血糖値が高い人が急激に激しい運動をしたりするのは危険です。

筋力運動なども血糖値を下げません。普段より運動量を増やしてヘモグロビンA1cの値が高くなってしまったというケースもあります。

血糖値を下げるのに効果的な運動は、有酸素運動です。エアロビクスなどでも良いですが、ウォーキングが一番。それも少し早歩き気味に歩くのが良いでしょう。

それも効果的に下げるなら、時間を選ぶ方が良いのです。一番効果的なのは、食事をはじめて1時間以内でスタートすること。

以前は食事をはじめて2時間と言われていましたが、実験の結果で、1時間以内のほうがより効果的なようです。

食事をして上がった血糖値をそのままにしていると、ヘモグロビンA1cも上がっていくことになります。ですから上がる前にウォーキングをすれば良いことになります。

どのくらい歩けば良いかということですが、糖尿病をコントロールするという目的であれば「1日1万歩」が目安です。

運動をする際の注意点

2型糖尿病の人には、食後の運動が食後の高血糖を抑えるのにはとても効果的なのですが、すでに病歴が長く、インスリン治療を行っているのであれば低血糖になる恐れもあります。

血糖値は上下するものなので、自分の血糖値の推移を調べておくのも必要かもしれません。

1型糖尿病の人は、運動のあとに血糖値が上昇することもあるので、やはり血糖値を調べておくことは、様々な危険をさけるため、そして自分の状態を正しく知るためにも必要なことではないかと思います。

菊芋の晶(エキス)EX

菊芋の晶(エキス)EX

血糖値を下げる効果があるとして注目を集める菊芋を多く配合。9割近くの人が血糖値が下がり、ヘモグロビンA1cも最大6%下がったという実験結果も!

詳しく見る

白井田七(シライデンシチ)

白井田七(シライデンシチ)

主原料である田七人参は、ヘモグロビンA1cの数値をコントロールするサポニンが高麗人参の7倍!安全性にも徹底的にこだわっており、満足度94%・リピート率の高い人気商品です。

詳しく見る

Dr.フェリンGTF

Dr.フェリンGTF

糖尿病の方が不足している三価クロムを配合。さらに吸収率をあげるためにラクトフェリンと結合!1カプセルあたりの含有量も多く、高い効果が期待できる商品です。

詳しく見る

ページの先頭へ