ヘモグロビンA1cを下げたい方におすすめの食品紹介サイト
ヘモグロビンA1cが高めの方に見てほしいおすすめ食品と情報ガイド

生活習慣の見直しによる改善

ここでは、糖尿病とストレスの関係性と、生活習慣の改善による糖尿病対策について説明しています。

ストレスが血糖値をあげる仕組み

血糖値をあげるのは、食事や運動不足だけではありません。過度にストレスがかかることでも血糖値の上昇がみられるのです。

ストレスがかかると、脳の中では視床下部の交感神経中枢が刺激され、そのことで膵臓からグルコガンの分泌を促進、副腎を刺激してアドレナリンも分泌させます。

これによって肝臓のグリコーゲンが分解され血中に放出されるので、結果的に血糖値が上昇します。慢性的にストレスがかかっていると、常に血糖値が高い状態になってしまうのです。

また、ストレスというのは精神的なものだけではなく、喫煙などもカラダにとってはストレスになります。タバコを吸うと、血液の流れが悪くなり、血液そのものや血管にもストレスを与える訳です。

生活習慣の見直しによってストレスからカラダを守る

ストレスはまったくなくても良くないと言われますが、常にストレスをため込んでいると血糖値も上昇し、糖尿病へと進んでしまいます。

とは言え、現代の社会ではストレスをためないように…といっても簡単ではありません。そのため、心の持ち方を改善していくことが必要になります。

まず、無理をしないで休養をとること。睡眠がとれていないという人が増えているようですが、睡眠は精神的にも肉体的にも重要なものです。

最低でも週に1回は、ぐっすりと良い状態で睡眠をとれるように工夫しましょう。10分程度の昼寝も、脳をリフレッシュするのに効果的と言われています。

気分を変える為に、心から好き・楽しいと思えることを持つのも良いですね。

気分を落ち着かせる効果のあるアロマオイルを使ってみる、散歩をするなど、何か自分に合うリラックス法をみつけましょう。

ストレス発散にと、過度に飲酒をしたりタバコを吸うのは、結果的にはカラダに負担がかかりストレスの発散にはなりません。お酒も楽しくほどほどに。

毎日の生活が、自分のカラダをつくるということをあらためて考えることが、糖尿病対策の第一歩です。

菊芋の晶(エキス)EX

菊芋の晶(エキス)EX

血糖値を下げる効果があるとして注目を集める菊芋を多く配合。9割近くの人が血糖値が下がり、ヘモグロビンA1cも最大6%下がったという実験結果も!

詳しく見る

白井田七(シライデンシチ)

白井田七(シライデンシチ)

主原料である田七人参は、ヘモグロビンA1cの数値をコントロールするサポニンが高麗人参の7倍!安全性にも徹底的にこだわっており、満足度94%・リピート率の高い人気商品です。

詳しく見る

Dr.フェリンGTF

Dr.フェリンGTF

糖尿病の方が不足している三価クロムを配合。さらに吸収率をあげるためにラクトフェリンと結合!1カプセルあたりの含有量も多く、高い効果が期待できる商品です。

詳しく見る

ページの先頭へ