ヘモグロビンA1cを下げたい方におすすめの食品紹介サイト
ヘモグロビンA1cが高めの方に見てほしいおすすめ食品と情報ガイド

薬による改善

一般的に糖尿病の改善で用いられるのは、経口血糖降下薬と呼ばれる血糖値を正常に戻す薬です。それらの薬について詳しく説明していきます。

血糖値を下げる代表的な薬

以下に、血糖値を下げる代表的な薬を5種類紹介しています。どのような効果・副作用があるのか見てみましょう。

α-グルコシダーゼ阻害薬

特徴・効果

食事療法・運動療法が万全でありながら食後の高血糖が見られる、軽症の2型糖尿病患者に多く用いられる薬です。

体内に摂りいれられた炭水化物を糖に変えるのが、α‐グルコシダーゼという酵素。通常、α‐グルコシダーゼによって作られた糖はインスリンによって速やかに処理されますが、インスリンの働きが低下している人は処理が遅れて高血糖の状態になってしまいます。
α-グルコシダーゼ阻害薬は、その名の通りα‐グルコシダーゼの働きを阻害し、糖の生成を遅らせることで血糖値の上昇を抑えます。これにより、食後高血糖になりにくい体質へと改善してくれるのです。

副作用

初期の副作用として、腹部の張り、下痢、おならなど、消化器系に不快感が生じることがあります。また、腸閉塞や肝機能障害を起こすリスクも指摘されています。

インスリン抵抗性改善薬(チアゾリジン薬)

特徴・効果

血糖の調整をするのはインスリンです。しかし、そのインスリンが分泌されているにもかかわらず、脂肪組織内でインスリンが効きにくい現象があります。これを、インスリン抵抗性の状態にある、と言います。

インスリン抵抗性改善薬は、このインスリン抵抗性の原因物質を減少させて、インスリンに本来の働きをさせるよう促す薬です。

主に、食事療法や運動療法を行なっているにも関わらず血糖値がうまくコントロールできない場合に用いられる薬です。

副作用

肝機能障害を起こすことがあります。

また、食事療法・運動療法がきちんとなされていない人がインスリン抵抗性改善薬を服用すると、短期的には血糖値が改善するものの、やがてふたたびインスリン抵抗性の状態に戻ってしまいます。

ビグアナイド薬

特徴・効果

インスリンの分泌量が低下した場合や、インスリン抵抗性の状態に陥った場合、肝臓で作られる糖が過剰になってしまうことがあります。肝臓で糖が作られることを「糖新生」と言いますが、ビグアナイド薬は、その「糖新生」が過剰にならないよう働きます。血糖コントロールの改善により、高血圧・高血糖の原因でもある肥満体質になりにくくする効果もあるとされています。

副作用

吐き気、食欲不振、下痢、倦怠感、筋肉痛などがよく見られる副作用です。まれに、血液中に乳酸がたまって重篤な意識障害を起こす場合もあります(乳酸アシドーシス)。

よって、酸欠状態に陥りやすい人や肝障害・腎不全などを患っている人は服用を避ける必要があります。

インクレチン関連薬

特徴・効果

インクレチン関連薬を大きく分けると2種類。「DPP‑4 阻害薬」と「GLP‑1 受容体作動薬」です。いずれの薬も、小腸から分泌されるホルモンの「インクレチン」を活性化させる点で共通しています。

インクレチンとは、インスリンの分泌を促進し、すい臓から生まれるグルカゴン(血糖を上げるホルモン)の活動を抑えるという、2つの働きを持つホルモン。インクレチン関連薬を投与することでこの2つの働きが活性化するため、血糖値は低下します。

副作用

腸閉塞、横紋筋融解症、急性膵炎、肝機能障害、皮膚粘膜眼症候群、多形紅斑などが副作用とされています。

SGLT2阻害薬

特徴・効果

SGLT2阻害薬は、血中の過剰な糖を尿とともに排出させる薬。医学的な常識では、尿の中に糖が見られることは悪いとされているので、SGLT2阻害薬は常識を覆す画期的な薬と言えます。血糖の改善から、インスリン抵抗性を低減させる効果もあります。

高血糖全般に改善効果が期待されますが、主として肥満やメタボリックシンドロームをメインにした、比較的若めの糖尿病患者に適応されています。

副作用

最も多く報告されているのが皮膚関連疾患。ほかにも、低血糖、脱水、尿路感染などが指摘されています。因果関係が明確ではありませんが、脳梗塞等による死亡例も製薬メーカーから報告されています。

副作用も考慮した慎重な判断を

薬には即効性も確実性もあります。重度の糖尿病など緊急を要するほどの高血糖状態に陥った場合には、早急に薬で治療する必要があります。

健康診断で軽度の高血糖を指摘された人や、軽症の糖尿病だと診断された人は、薬による副作用も考慮した上、どちらがいいか慎重に判断しましょう。

その際、糖質制限や適度な運動など、普段の生活習慣で改善が見込めるならば、副作用のほとんどないサプリメントで手軽に血糖値のケアをする方法がおすすめです。

菊芋の晶(エキス)EX

菊芋の晶(エキス)EX

血糖値を下げる効果があるとして注目を集める菊芋を多く配合。9割近くの人が血糖値が下がり、ヘモグロビンA1cも最大6%下がったという実験結果も!

詳しく見る

白井田七(シライデンシチ)

白井田七(シライデンシチ)

主原料である田七人参は、ヘモグロビンA1cの数値をコントロールするサポニンが高麗人参の7倍!安全性にも徹底的にこだわっており、満足度94%・リピート率の高い人気商品です。

詳しく見る

Dr.フェリンGTF

Dr.フェリンGTF

糖尿病の方が不足している三価クロムを配合。さらに吸収率をあげるためにラクトフェリンと結合!1カプセルあたりの含有量も多く、高い効果が期待できる商品です。

詳しく見る

ページの先頭へ