ヘモグロビンA1cを下げたい方におすすめの食品紹介サイト
ヘモグロビンA1cが高めの方に見てほしいおすすめ食品と情報ガイド

サプリメントによる改善

ここでは、血糖値を下げる代表的な薬を5種類紹介します。

血糖値を下げるにはサプリメントによるサポートがおすすめ

様々な制約・制限に耐えられるかどうか

血糖値を下げるためには、食習慣の見直しや毎日の運動、生活習慣の改善など、多くの制約・制限を避けては通れません。

ただし、これらの制約を自分に課した状態で数ヶ月、数年間と過ごすことは、決して容易ではないでしょう。場合によっては、そうした制約ゆえに多大なストレスを抱えてしまい、かえって血糖値に悪影響を及ぼすこともあります。ドイツのある研究機関では、ストレスが血糖値を上昇させる大きな要因であることを明らかにしています。

ストレスを抱えない程度まで制約・制限のハードルを下げつつ、同時に、制約の足りない分は薬やサプリメントで補う。そうした方法が、血糖値を下げるうえで現実的ではないでしょうか。

薬の継続的な服用は、できれば避けたいところ

薬に頼らざるを得ないという状況に陥ってしまった場合は、医師の指示に素直に従うことが大切です。ただ、そのレベルまで血糖値が上昇しないよう、健康診断で数値が高めに出た際は、早めに対策を打つことで悪化を防ぐことができます。

薬を飲めば、ほぼ確実に血糖値は下がります。そして、その代償として副作用に悩まされることも往々にしてあります。その例として、低血糖、体重増加、頻尿、多尿、下痢などが挙げられます。

薬に頼る血糖コントロールは、副作用の心配からも、可能であれば避けたいところです。手遅れにならないうちに、薬に頼らない早めの血糖コントロールをしておきたいですね。

サプリメントは「食習慣の見直し」にマッチした方法

健康診断などで高血糖を指摘された場合、「食習慣の見直し」と「適度な運動」を強く意識する必要が出てきます。いずれも、地道に努力して続けていくことが重要です。その点では、サプリメントを摂り続けることとよくマッチしていると言えます。

さらに言えば、サプリメントの摂取は、運動のように継続するハードルが高いものでもないので、一番始めやすい血糖値対策ともいえます。

以上をふまえ、高血糖を気にしている方は、「食習慣の見直し」「継続的な運動」を、ストレスのたまらない程度に実行し、あわせて「サプリメントの摂取」をセットで実行してみると良いでしょう。

菊芋の晶(エキス)EX

菊芋の晶(エキス)EX

血糖値を下げる効果があるとして注目を集める菊芋を多く配合。9割近くの人が血糖値が下がり、ヘモグロビンA1cも最大6%下がったという実験結果も!

詳しく見る

白井田七(シライデンシチ)

白井田七(シライデンシチ)

主原料である田七人参は、ヘモグロビンA1cの数値をコントロールするサポニンが高麗人参の7倍!安全性にも徹底的にこだわっており、満足度94%・リピート率の高い人気商品です。

詳しく見る

Dr.フェリンGTF

Dr.フェリンGTF

糖尿病の方が不足している三価クロムを配合。さらに吸収率をあげるためにラクトフェリンと結合!1カプセルあたりの含有量も多く、高い効果が期待できる商品です。

詳しく見る

ページの先頭へ