ヘモグロビンA1cを下げたい方におすすめの食品紹介サイト
ヘモグロビンA1cが高めの方に見てほしいおすすめ食品と情報ガイド

Dr.フェリンGTF

ヘモグロビンA1cが気になる方へ、「Dr.フェリンGTF」の特徴、期待できる効果、使用者の口コミなどをまとめました。

Dr.フェリンGTFの口コミ

Dr.フェリンGTFの画像

  • 健康診断で血糖値が高いと指摘されてから、生活習慣の見直しに加え、Dr.フェリンGTFを飲むことを1年程続けました。その翌年の健康診断では、数値が下がっていたのでよかったです。
  • ラクトフェリンとクロムの力が、老化と血糖値の上昇を防いでくれるらしいですね。良い成分がたくさん含まれているようで、健康な体作りをしているのだという実感がわきます。
  • 日頃から胃もたれが激しいタイプだったのですが、Dr.フェリンGTFを飲む用になって1ヶ月くらいで、胃がムカムカしなくなってきました。体の調子も軽くなってきたような気がします。

Dr.フェリンGTFの特徴

Dr.フェリンGTFの主要成分はクロム。ひじきや玄米、ナッツ類、レバーなどに多く含まれる必須ミネラルの一種で、かねてから血糖値を下げる効果があると話題になってきた注目の成分でもあります。

クロムを配合したサプリメントは他にも見られますが、Dr.フェリンGTFは違います。Dr.フェリンGTFは、単体のクロムが体にほとんど吸収されずに本来の実力を発揮することなく体外へ排出されるための対策として、クロムとラクトフェリンを化学的に結合させる製法を開発。これによりクロムの吸収利率は格段に上がりました。

クロムとラクトフェリンを別々に飲んでも、吸収率は変わりません。特許製法で作られたDr.フェリンGTFだからこその高吸収率なのです。

Dr.フェリンGTFに配合されている成分の効果・働き

Dr.フェリンGTFは、クロムの働きを利用して血糖値を下げることを狙ったサプリメント。クロムは体内でインスリンの働きをサポートする成分。インスリンは血糖値の上昇を抑えるホルモンですが、血糖値が急激かつ過剰に上昇すると、本来の働きができなくなってしまいます。

そこでサポート的に活躍するのがクロム。インスリンの働きを間接的に助け、血糖値上昇を陰から力強くサポートします。

また、クロムは体中の代謝に関わる重要な働きがあります。タンパク質の代謝、コレステロールの代謝、脂質の代謝などを促す働きです。中でも特に脂質の代謝は重要で、動脈硬化や高血圧の予防にもつながるとされています。

製品情報

価格 通常購入:15,000円 定期コース:10,857円(税抜)
内容量 120粒/15~30日分
※1日4~8粒の摂取を推奨
原材料 ミルク粉末・乳糖・クロム酵母・濃縮乳漿たんぱく質・ヒドロキシプロピルメチルセルロース(植物由来)
成分 ラクトフェリン、三価クロムなど
製造/販売元 製造:マックスラック社(アメリカ)
販売:株式会社 トラスト
クロムに血糖コントロール作用があるということは、実は1975年から知られていました。しかしながら問題は、その吸収率の悪さ。これを独自の特許製法で克服した画期的なサプリメントがDr.フェリンGTFです。値段は高めですが、それでも納得のサプリメントといったところでしょう。

ヘモグロビンA1cを下げたい方におすすめの食品はコチラ>>

菊芋の晶(エキス)EX

菊芋の晶(エキス)EX

血糖値を下げる効果があるとして注目を集める菊芋を多く配合。9割近くの人が血糖値が下がり、ヘモグロビンA1cも最大6%下がったという実験結果も!

詳しく見る

白井田七(シライデンシチ)

白井田七(シライデンシチ)

主原料である田七人参は、ヘモグロビンA1cの数値をコントロールするサポニンが高麗人参の7倍!安全性にも徹底的にこだわっており、満足度94%・リピート率の高い人気商品です。

詳しく見る

Dr.フェリンGTF

Dr.フェリンGTF

糖尿病の方が不足している三価クロムを配合。さらに吸収率をあげるためにラクトフェリンと結合!1カプセルあたりの含有量も多く、高い効果が期待できる商品です。

詳しく見る

ページの先頭へ